MENU
  • 公式LINE

SHIGA LAKESTARS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>【2/11 Lakes game結果】滋賀57-68琉球  健闘も脱出ならず11連敗

【2/11 Lakes game結果】滋賀57-68琉球  健闘も脱出ならず11連敗

game20180211.jpg

 

2017-18 B1リーグ 第19節 GAME2
健闘も脱出ならず11連敗

 

vs琉球ゴールデンキングス

滋賀57-68琉球
1Q 11-21
2Q 13-21
3Q 11-14
4Q 22-12
会場:沖縄市体育館

■滋賀スタッツ
#24 高橋 13pts 2ast 2stl
#40 フィッシャー 13pts 9reb 2ast
#55 ジョイス 7pts 5reb 4ast
#0 小林 6pts 3ast 

■琉球ゴールデンキングス
#30 アームストロング 17pts 15reb 3ast
#33 ブラウン 12pts 7reb 6ast
#24 田代 12pts 3reb

☆ハイライト映像、コメント、詳しいスタッツなどはこちら
 


試合後コメント】==========================

■ショーン・デニスヘッドコーチ■
スタートがとても悪く、最初からビハインドで始まってしまったのが敗因です。西地区首位の実力も見せつけられてしまいました。一方で、ベンチメンバーが力強く戦ってくれたことはすばらしかったし、チームにとっても大きな収穫となる一戦でした。

■#24高橋耕陽選手《13pts、2ast 、2stl》■
試合前にコーチ陣から『アグレッシブルにやれ』と言われていたので、そのことだけをシンプルに心掛けて臨みました。第3Qまでは相手ディフェンスのプレッシャーもきつく思うように得点できなかったのですが、第4Qにがむしゃらにやってやろうと気持ちを切り替え、リングにアタックしていきました。チームが悪い状況のときこそ、ベンチから交代して出場したときに流れを一気に変えられる選手になりたいと、改めて強く思いました。

■#0 小林遥太選手《6得点、3ast》■
ミスしてもいいので、常にディフェンスからチャンスを狙って『やってやろう』と考えていたことが、少しは体現できたと思います。チームは確実に一歩ずつ良くなろうとしていますし、全員で戦っています。この歯車がかみ合ったとき、僕たちは最強のチームだと思うので、11連敗は重いですが前を向いて進んでいきたいと思います。

 

 


 

 

 

 

 

RELATED

関連ニュース

MAIN OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL PARTNER

PARTNERS

こちらのサイトは携帯電話非対応となっております。
恐れ入りますが、PCもしくはスマートフォンにてご確認ください。