MENU

SHIGA LAKESTARS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>OTHER>【Player's View】vol.2 #3 ファイ・サンバ

【Player's View】vol.2 #3 ファイ・サンバ

 

選手の声をインタビュー形式でお届けするPlayer's View。第2回はレイクス唯一の帰化選手。仙台戦でもインサイドで存在感を見せたファイ・サンバ選手です。

HP__3sambaBB7T9477.jpg

Q.仙台戦の初戦(17日、102-75で快勝)ではインサイドで得点を重ね、今季自己最多の17得点の活躍でした。

日本人選手とのマッチアップでしたが、ダブルチームにきたら外に出し、来なかったら自分でスコアにいきました。ローポストでボールをもらって、二人が来たところで外のクレイグに出したところなどはうまくいった形ですね。

(17日のハイライト)



Q.一方、二戦目は72-95と大差をつけられました。

翌日は、初戦でうまくいったところを消しにかかられました。自分のところに外国籍選手をつけて高さのミスマッチを消して、ジュリアンやクレイグのところに日本人選手をつけてきました。

ジュリアン、クレイグのところでミスマッチはできますが、サイズが大きいだけではなかなかうまくいかないものです。

日本人のディフェンスは足元に入ってくるので、同じサイズの外国籍選手とは異なります。自分は高校のころから日本にいるので、日本人相手のマッチアップに慣れていますが、まだ年数の少ないジュリアンやクレイグは、積極的にアタックしたものの、ダブルチームで止められる場面もありました。

ただ、バスケはどこかで必ずアドバンテージができるようになっているので、今後もそれをいかにうまく突けるかだと思います。

Q.今季はなかなか一つ一つの勝利が手に入りにくい状況ですが、勝つために必要なものは何でしょうか。

まずは、コート上でトークして、フォーメーションをいかに高いレベルでエクセキューション(遂行)するかだと思います。ただ一方で、コンセプト通りにプレーしても、相手もスカウティングしてきているので、守られる場合はあります。その場でアレンジ、対応する能力が試されるので、そういう意味でも、コート上でしっかりとコミュニケーションをとるのが大事です。

また、今のうちのチームはジュリアンもクレイグも外からのシュートを持っているので、相手が外を警戒せざるをえません。そうすると、中でスペースができるので、自分もプレーしやすいです。そうやってできたアドバンテージで、フリーの選手にボールを回して得点するというチームコンセプトを、もっともっとスムーズに出していきたいです。

Q.サンバのプレーを見ていると、フェイダウェイシュートがうまいですね。

ありがとうございます(笑)。ああいうやわらかいプレースタイルが好きです。

高校(明徳義塾)の頃は周りにくらべてサイズがあったので、そんなに難しく考えずにプレーしていたのですが、大学(天理大)に入ると、周りの選手もサイズがあって、自分がまだ85kgくらいしかなくて線が細かったせいもあって、なかなか思うようなプレーができなかったんです。その頃にシュート練習に力を入れて、自分のものになっていきました。

Q.今の105kgからすると、20kgも軽かったんですね。

そうですね、大学の頃から本格的にウエートをして体重を増やして、卒業するころには92、93kgまで増えて、東芝(現川崎ブレイブサンダース)に入っても継続して、今の100kgくらいまで増えました。太りにくい体質でしたが、大学、東芝と寮だったので、食事に困らなかったのも幸いでした。

Q.今では奥さんの手料理ですね。

はい、甘えてます(笑)。油っぽいものを避けてくれたり、コンディションを考えてくれているのでおかげさまです。

彼女とは、社会人になって、セネガル人の友人が開いたセネガル人同士の集まるホームパーティーで知り合いました。高校の頃に初めて日本に来たときには、こんなに長く日本にいて、家族も築くようになるとは想像できませんでした。

社会人として働く経験を積みたいと思って、大学卒業後は東芝でプレーしていましたが、今季からのプロ選手として送るシーズンも、自分が何よりも好きなバスケを中心として毎日を送れるので、とても幸せです。

Q.充実した生活ですね。

バスケで自分が活躍して、周りのみんなが喜んでくれるのはもちろんですが、負けたときの悔しい思いも一緒に分かち合ってくれる皆さんがいてくれて、スポーツのいいところだなと感じます。

バスケはミスがつきものです。ゲーム中に誰かがミスをしても、チームでプレーしている以上、それは彼のミスではなく、チームのミスです。皆で支えあって、皆で気持ちを切り替えて、次に臨むことが大事だと思っています。

シーズンも終盤に入ってきますが、チームの皆と、そして支えてくれている皆さんと、ひとつでも多くの喜びを分かち合いたいです。

○2/25(土),26(日)はホームアルバルク東京戦!ゲーム情報はこちら( https://www.lakestars.net/news/18518.html )

850x480_20170123_vsTokyo_atUkaru_2017022526.jpg

RELATED

関連ニュース

MAIN OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL PARTNER

PARTNERS

FLAG PARTNERS

ACADEMIC PARTNERS

MEDIA PARTNERS

SUPPLIER

OFFICIAL MERCHANDISE PARTNER

エントランスバナーパートナー

SUPPORT COMPANY

彦根特別協賛

守山特別協賛

大津特別協賛

こちらのサイトは携帯電話非対応となっております。
恐れ入りますが、PCもしくはスマートフォンにてご確認ください。