MENU
  • 公式LINE

SHIGA LAKESTARS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>OTHER>【Player's View】vol.1 #34 狩野祐介

【Player's View】vol.1 #34 狩野祐介

 

シーズンも半分を過ぎ、思わぬ苦境に陥ったレイクス。しかし、決して挫けることなく、勝利を目指して戦う選手たちの声を、インタビュー形式でお届けします。
「Player's View」、初回は先週末のアウェー横浜第2戦で自身今季2番目に多い21得点の活躍。今週末も持ち前のシュート力が爆発するか。
#34 狩野祐介選手です。
BB7T6808.JPG
=============
Q.先週の横浜戦、印象に残っているのは土日どちらでしょう。
やはり日曜日ですね。調子もよかったですし(3Pシュート9本中4本成功、計21点)、周りの選手がたくさんスクリーンに来てくれてシュートを打ちやすかったです。特に後半ですね。ただ、こちらのやろうとしていることができない時間帯もあり、苦しい試合でした。

(1/29(日)アウェー横浜戦のハイライト)



Q.積極的に中に入っていく場面も目立ちました。
正直、何も考えずに、中に入っていった場面もありました(笑)
シーズンも進んできて、相手もこちらをスカウティングしてきているので、こちらのやりたいプレーをしっかりと止められることもあります。試合中にもそれを強く感じますね。行きたい方向に行けない、とか僕がボール持った瞬間に二人が来るとか。

Q.横浜戦でも、スコアが止まる時間帯がありました。
そうですね、やろうとしていることが止められるという感じが強かったので、そういう場面で、自分たちのプレーをどこまでできるかだと思います。
ナリトさん(並里選手)、ジュリアン(マブンガ選手)が厳しいマークに合う場面も多いので、チーム全体で打開していく力をつけていきたいです。

Q.後半戦からクレイグ(ブラッキンズ選手。ニックネームはCB)が加入しましたが、どうですか。
CBはうまいですね。経験を感じます。

Q.どのあたりで感じますか。
視野が広いというか、相手のマークマンが来ても、味方が見えていて、周りの状況が見えていて、またパスを出す勇気があって、それは経験があってこそだと思います。試合中にも誰がどう動くべきかとか、ポジショニングとか、よく指示してくれます。チームへのフィットという意味では、まったく問題ないと思います。

Q.さて、今週末対戦する秋田については、どんな印象ですか。
秋田はとても頑張るチーム、粘り強いチームという印象ですね。その粘りに負けないようにしたいです。アルバルク東京にも勝っていますし(11/7(月)に敵地で78-64と勝利)、決してあなどれません。外国人選手もいいですし、安藤選手、田口選手の得点力も要警戒です。

Q.勝利のカギはどこになるでしょうか。
3Qですね。今季うちが勝てた試合は、そこをしっかりと戦い抜けていたので、今回もそこがカギになると思います。

Q.「戦い抜く」とは。
シュートを外したり、ミスが出た時に、「またやってしまうんじゃないか」とチームが弱気になってしまいがちです。最近は結果が出ていないこともあって、特にそうなりがちなので、強い気持ちを持ってミスを連続させないようにして、最後まで一丸で戦って、そしてブースターの皆さんと喜び合いたいです。
=============
確実に、勝利に近づいているレイクス。このトンネルを今度こそ抜け出す。そのために「戦い抜く」選手たちに、熱いブーストをお願いします!

○2/4(土),5(日)はホーム秋田戦!ゲーム情報はこちら( https://www.lakestars.net/news/17984.html )

20170106_vsAkita_atUkaru_2017020405.jpg

RELATED

関連ニュース

MAIN OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL PARTNER

PARTNERS

こちらのサイトは携帯電話非対応となっております。
恐れ入りますが、PCもしくはスマートフォンにてご確認ください。