MENU
  • 公式LINE

SHIGA LAKESTARS

MENU

BLOG

HOME>Blog>We never lose we learn

We never lose we learn

BB7T6602.jpg

Coach Blog December 5

Our last home outing against Niigata was a tough weekend for us all. As a team, we were extremely upset to perform like that in front of our home fans. While you never like to lose a game the pleasing aspect from the game was the approach the players made to training to right our wrongs. The players themselves took ownership of the performance and showed great leadership by challenging each other to perform at a higher level both at training and in games.

ホームでの連戦の締めとなった新潟戦は我々にとってとても厳しい週末になりました。チームとしてホームのファンの皆さんの前であのような試合をしてしまい極めて遺憾でした。負けることは良いことではありませんが、良かったことはその後の練習で、試合で良くなかった部分を正そうとする選手たちの練習に対する姿勢でした。練習でも試合でもより高いレベルでプレーできるようにお互いに切磋琢磨することで選手たち自身が自らのパフォーマンスに責任を持ち素晴らしいリーダーシップを発揮してくれました。

 

This was certainly evident when we travelled to Toyama where we saw a much-improved performance that resulted in one win and one lose. Toyama are a tough team at home and we played three halves of outstanding basketball. Unfortunately, in the second game we couldn’t hold on to record two wins for the weekend. Again, I hate to lose but we were given some valuable lessons in the game and as long as we keep learning and moving forward then you can accept such results as a great learning tool.

アウェイの富山戦ではその証拠にこれまで以上のパフォーマンスを見せることができ、1勝1敗という結果になりました。ホームの富山はタフなチームですが、2試合中60分間は素晴らしいバスケを展開できました。残念ながら2戦目では同週末2勝目を記録するには至りませんでした。負けることは嫌いですが、いくつかの価値ある教訓を得られた試合でした。チームとして学び、前進し続けて行く限り、今回のような結果も最高の学習手段として捉えることができます。

 

Our motto is we never lose we learn. Evaluation is an important part of what we do and the team take it very seriously. With consistent evaluation, it allows you to learn invaluable lessons regardless of what the scoreboard reads. I did feel in the second Toyama game our half time lead contributed to the loss. It can be a dangerous situation sometimes when you have a good lead because you can start to play in a negative way and try to play not to lose. I felt we did this and we stopped playing the way we were when we built a 17-point lead and instead tried to just protect the lead. We have to learn to build on the lead and stay in an aggressive mindset. When we learn this, we will be tough team to beat.

我々のモットーは「学びあれば負けにあらず」。行いを振り返り、評価することは我々が重要視していることの1つであり、チームはこの評価を真剣に捉えています。例えスコアボードがどうであれ、継続的に評価を繰り返すことで重要な教訓から学ぶ機会を得ることができます。富山での第2戦は前半にリードしていたことが敗戦に繋がってしまったと感じました。一定のリードを得たとき、時としてネガティブなプレーや負けないようにプレーするという危険な状況に陥ることがあります。我々は正にこの状況に陥り、それまで17点のリードを築くことに繋がった戦い方をやめて、逆にリードを守ろうとする戦い方をしてしまったように感じました。我々はリードをしても更にリードを伸ばすこと、積極的な考え方を維持することを学ばなければいけません。これができたとき、このチームはよりタフなチームになります。

BB7T6872.jpg

 

This week see Ryukyu hit town. They currently sit on top of the West conference and will provide a very good challenge for our team. They are aggressive and get after you on the defensive end to try to set up their transition offence. They play a very physical brand of basketball and they will test our mental toughness as well as our physical toughness. If we have learnt our lessons from Toyama I am sure we will perform at a high level and be right in the contest.

今週は琉球が滋賀にやってきます。琉球は現在西地区暫定1位、我々にとって良いチャレンジとなるでしょう。琉球もディフェンスでアグレッシブに攻め、そこから彼らのトランジション・オフェンスに繋げてくるチームです。とてもフィジカルなバスケをしてきます。それは我々の精神的、肉体的なタフさを試す試合になるでしょう。我々が富山戦で得た教訓を活かすことができれば、ハイレベルな戦いになることは間違いありません。

 

See you all at the game

会場でお会いしましょう。

 

With energy

SD – Head Coach Shiga Lakestars

RELATED

関連ニュース

MAIN OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL PARTNER

PARTNERS

こちらのサイトは携帯電話非対応となっております。
恐れ入りますが、PCもしくはスマートフォンにてご確認ください。